【まだ結婚できない男】桑野さんの笑い方が特徴的すぎる

こんにちは!suuと申します!
まだ結婚できない男、毎週楽しみに観ています。桑野さん独特ですよね。
今回はそんな桑野さんの独特すぎる笑い方に注目してみました!

桑野さんの笑い方

まだ結婚できない男で、阿部寛さん演じる桑野信介の笑い方がいちいち独特すぎて面白いです!

吉田羊さん演じる吉山まどかの弁護士事務所に相談に行き初めて2人が出会った時のことです。2人がお互いのことを話しているうちに、吉山は独身であることをつたえます。

すると桑野は吉山を見て、ニコニコ笑い「うほほほ」と、少し声高に笑うのでした。
このシーン私も思わず笑ってしまったのと同時に、役とはいえなんで気持ちの悪い笑い方!と思わず思いました笑

 

どんな心理からの笑いなのだろう、と思いましたが、恐らく仕事ばかりガツガツこなし、生き遅れた女を発見した!と言わんばかりの笑いでしょうか!?
全くもって自分のことは棚に上げていますよね!失礼極まりないです。

最初は少しだけ、吉山が独身であることを喜んだのかと思いましたが、見当違いでした!
あの口角をニヤリとあげて、少し見上げて嫌味っぽく笑う桑野、もし対面して話している最中にあれをやられたら、めちゃくちゃ腹たちますね!笑

それでも、あれでこそ桑野らしくて、観ている分にはかなり面白いです。
個人的に好きだった桑野の笑うシーンなのですが、第3話目で大工の棟梁演じる不破万作さんに、深川と週刊誌に載ってるのはあんただろ?と、からかわれて乳首をつねられるシーン。

深川とのこともまんざらでもなかったのも手伝ったのか、いつもは喧嘩ごしの棟梁に対しても、笑ってやめろ!と言った桑野の笑顔は、少年の笑顔の様でした!

まさに中二男子のジャレ合いかのような、おじさん2人を見事に演じていました!普通に笑ってやめろよ!と言っていたあと、しつこくされてはっとして、やめろ!と起こった桑野がまたまた面白かったです。

あの棟梁との掛け合いすきなんですよね(o^^o)
前作では、背の高い桑野に喧嘩になるとハゲ頭をつかまれ、つるんと滑るのがお約束になっていました。
今作にも出演されていてかなり嬉しいです!

余談ですが、不破万作さんは、日本生まれで中国育ちの様です。今後も2人の掛け合いが楽しみです(o^^o)
桑野の笑い方はいつもなんだか癖があり、笑顔は人を幸せにするはずなのですが、桑野の場合はなぜ逆にをいくのでしょうか?
やはり、あの卑屈さが光ってしまうからでしょうね!

続編で表情が豊かになった?

桑野さん13年振りのカムバックです。大幅に何か変わったでしょうか?
桑野もいつのまにか53歳になりましたが、阿部寛さんのブランクを全く感じさせる事のない、持ち前のコメディカルなセンスを遺憾なく発揮されてみえますね。衰える事を知らない桑野節健在です。
桑野の空白の13年間は巧みに再現され、偏屈さも増しながらどこか、人間味も増している桑野です。

残念ながら、夏川結衣さんが演じた早坂先生とは破局を迎えてしまっていた様です。
ということで、13年前と状況としては何も変わっていないことが明らかになりました。
それは、家に帰宅したらオーケストラを大音量で流し、指揮するはずですよね〜。あのシーン大好きです笑

桑野の場合はお一人様を躊躇なく満喫しまくってる姿が本当に潔くていいですね!
でも相変わらず、女性に興味がないわけでもないあのギャップ。。

今作はそれでも、前作に比べて桑野の表情が少し柔らかくなっているとおもいます。年の功でしょうか?
第3話でのシーンですが、女優を辞めると弱気になって泣いた戸波に、辞めてしまえ!と冷たく言ったかと思ったら、辞めたいと思って踏み止まるのが第一歩だ。

戸波やそこに居合わせた村上をも奮起させるという、一幕がありました。
あとから吉山に、辞めたいと思った事は自分は一度もない。ただ、どうやったら、そう仕向けられるのか経験を生かしてそうなるように仕向けたという趣旨のことを桑野は言います。

その結果見事に戸波や村上はやる気を取り戻し、自分の道を軌道修正できました。桑野の器の大きさを感じましたね!

やはり、人を教え育てられる人というのは、必ず器の大きさを兼ね備えていると思うのです。桑野の場合は、言い方ややり方は少々雑ではあるものの、その中に真の暖かさというか思いやりを私は感じました。

人は歳をとり、ある程度の地位を築くと、下を育てたいという気持ちが芽生えるといいますが、桑野もついにそんな境地にまでたどり着いたのでしょうか?

多分そこまではないとおもいますが笑
前作よりもさらにキャリアを積み上げ、器が大きくなったのでしょうか(*´∀`)♪
だとしたら、早くもっと女心も分かるといいのですが!

まとめ

今作も、桑野の失礼な笑うポイントや笑い方は健在です!
むしろイラっとさせるのが、さらに上手くなった印象ですね!
それでも桑野は人間的に少し優しさが備わったそんな気がしますし、偏屈ですが、どこか熱い気持ちを持った愛すべきキャラクターであることは今作はも引き続きまちがいありませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA