結婚できない男に学ぶ結婚できない男の特徴ベスト5!

どうもこんにちは管理人のタイーチです。

ドラマ結婚できない男を見ていたあの頃の中2は、今ではすっかりリアルに結婚できいない男になってしまいました。一応彼女はいますが、今の年収で結婚できるとは思えませんし、ブラック企業勤めなもんで転職してくれと彼女からせがまれているのですが、そう簡単にできるのかどうか・・・

桑野さんのように独立するほど自信もないし、身長も収入もありません。ですのでリアル結婚できない男として、桑野さんを介して見えてきた結婚できない男とはどういう人物なのか、自分に当てはまる部分もまとめて書いていきます。

桑野信介に見る結婚できない男の特徴

話下手

決して他人と話しができないというわけではありませんが、いわゆる面白い話ができないという意味です。

第1話にて、パーティであった女性に対してマイナーな洋画の話を延々したり、スパゲッティとスパゲッティーニの違いの話をしたり、女性が「こいつ、話つまんな」と思っていることに気づけずに長々と話していたシーンがありました。

桑野さんは自分の世界が強く、それを相手が興味があるかどうかはあまり関係なく話してしまう癖があります。あのような女性にはインスタグラマーの話とか男性アイドルの話など、女性が好きそうな話をした方がいいと思います。ですので相手によって話を変えない限りモテませんし、結婚もできません。

英治くんを見習って女性の扱いを勉強したほうがいいです。

表情が変わらない

目は口ほどに物を言うという言葉がありますが、桑野さんはあまり表情が出ません。

もちろん人生ゲームが届いた時には嬉しそうにテンション高めの表情でしたし、英治くんが殴られて病院に運ばれた時には心配の表情を浮かべていました。私は結婚できない男をなん度も見返しているので感情の変化に気づけますが、それは桑野さんに注目しているからです。

きっと私が実際に桑野さんと話すことがあれば、きっと話しづらいなこの人・・・と思ってしまいます。

だって表情がわかりづらいですし、自分と話していて楽しんでくれているのかどうなのか、全くわかりません。ですのでできるだけ表情豊かに女性と接しようと思いました。桑野さんは元々顔立ちが濃いですし、さらに身長も高く声も低いので、全然知らない人からしたら怖い印象を持たれがちなのかもしれません。

ですので尚更のこと柔らかい表情を作るべきなのかもしれませんね。

極度の潔癖症

汚れが許せないという最強の潔癖症もおそらくモテません。

桑野さんはキッチンの汚れが気になてしまうと、スポンジでアワアワにして突然ガチな掃除を始めてしまうほどの潔癖症です。そもそも空気が淀むという理由で他人を家に入れたくないというほどの方ですし。ですので一緒に食事をしていても机に跳ねた水にちらっと視線がいったりするんだろうなあというのは懸念事項ですね。

ただこれに関しては私も思い当たる節があります。

私もできるだけ他人を家に入れないようにしています。それは彼らが買ってきたお菓子を食べる時に床に溢れることになりますし、お菓子を触った手でゲームのコントローラーを触られることが嫌だからです。また友人が帰った翌日に掃除機をかける時に、謎の縮れ毛が落ちているのを見るのが何よりも嫌なのです。こういった理由で他人を家に入れません。

流石にアワアワにしたりはしませんが、割とキッチンは綺麗にしておきたいタイプですし、風呂場の水垢が気になって深夜に突然掃除を始めることもあります。

綺麗好きといえば聞こえはいいですが、自分の潔癖レベルを相手に押し付けるのはやめようとおもいます。もしくは潔癖レベルが大体同じ女性と付き合うことにします。。。流石に汚部屋にしてしまうような女性とは一緒にすめませんから。。。

プライドが高すぎる

桑野さんはかなりプライドが高い方です。それもいいところでもあり、結婚から遠ざかるところでもあります。

孤独との関わり方

基本的にみんなひとりぼっちって嫌ですよね。

だから大学生はぼっちにならないように、うまくグループの中心人物のそばで微笑んだり、必死に省かれないように周りと調和している風を装っているわけです。それは一般的にキョロ充と呼ばれますが、それとは別次元の存在としてソロ充という生き方があります。

ソロ充とは、ぼっち行動を好み、一人でなんでもこなしてしまう人のことです。

桑野さんは一人でいることを苦にしていませんし、むしろ一人でなんでもできることを誇りに思っている節もあります。なのでその方向で行って欲しかったのですが、なんだかんだ他の人との交流も楽しんでいるシーンがありますよね。

花火大会の日に、自分だけの特等席である事務所の屋上に女医たちがやってきた時も、最初は心底嫌そうな顔をしていましたが、最終的に花火のうんちくを披露し、機嫌が良くなっているシーンがありました。さらに時折アダルトビデオを借りようとして、アダルトコーナーの前に人がいることを気にして借りられないシーンがあります。

すなわち女性に興味があるのです。男性として、人間として当然のことです。

ですので一人でいることは苦ではないのですが、人と一緒にいることも楽しめるお方なのです。そして他人と積極的に話そうとはしないので、それを理解してくれる人とだけコミュニケーションをとるのが桑野さんなのです。

私も学生時代一時的にぼっちをしていたことがありまして、その時にはソロ充を目指していました。基本的に大学の講義は全て一人で受け、一人で飯を食べて、一人で一服して、一人で帰るという生活をしていたことがあります。最初こそ辛かったですが、慣れてくると時間の使い方を自分で決められることを楽しく思うようになりました。

でもやっぱり、ぼっちは辛いです。大学のコンビニで「セブンスターください」しか話さない日々は今思い出しても辛かったです。ですので孤独が好きな人安定ないと思っています。ですので一人でいるのが好き、というのもバランスの問題です。完全なる孤独は桑野さんもきっと嫌なはずです。

桑野さんは一人で痛い時間が長すぎるんでしょう。それにあうパートナーはなかなかいないと思います。相手に合わせるというのも大事なことですよね。

まとめ

桑野さんが結婚できない理由を考えてみると、自分とかぶるところが多く焦り始めました。

一人でいたい時間が長いけれどもずっと一人でいるのは嫌です。でもずっと一緒にいるのは嫌だし、大して仲良くない人たちと無理にコミュニケーションをとるのはもっと嫌です。誰とでも上手くやれる人はすごいなーと思いますが、別になりたいとは思わない。

そんなめんどくさい人なんです。きっと。

桑野さんの他人との距離感に近い女性はなかなかいないと思いますので、今後も結婚できないのかなあと思ってしまいます。ですので桑野さんが結婚できない理由を我が身に置き換えて、明日からは自分の行動に反映させていこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA