【テセウスの船】娘(未来)はどこにいった?消えた?

テセウスの船

日曜日の夜9時から放送されてます「テセウスの船」
みなさんご覧でしょうか?
かなりのオススメなんです。

タイムスリップします、サスペンスドラマなんデスよ。
しかも、展開が早く、面白いのデスヨ〜。

時々、過去と未来の出来事がごちゃごちゃになってしまって‥。
あたまの中を整理しながら、見るアリサマであります。

娘(未来)はどこへ

しかしながら、過去をイジクルというコトのむずかしさ。
ソレだけを変えたいのに、
アレもコレもくっついてキヤガル苛立ち‥。
ハンパないでしょうね。
第3話の放送を終え、ソウトウ過去をイジクって
まいりました。

過去をイジクルってコトは、どうゆうコトになるか
オワカリでしょうか?

ナント!
現在が変わってしまうのデスヨ!
変えたくなかった現在を変えてしまう恐れがあるのですよ!
オソロシヤ〜。

主人公である心は、父親の冤罪をハラスベク
過去へと乗り込みマス。

ソコだけを変えるハズが‥。

現在の自分の幸せな家庭を、
家族を失うコトになるなんて‥。

こんなコトになるって、誰が予測できたでしょう?

こんなコトになるンなら、
父親の罪、そのまんまでもヨカッタん違うかな〜?
ナ〜ンテ思うのは、わたくしだけではないハズです。

現在では、最愛の妻、由紀がいました。
残念なコトですが、出産のトキに命を落としてしまうのデス
赤ちゃんは、無事に生まれてきますが、
心の元にはおりません。

妻、由紀の親元に引き取られてしまうのです。
自分が犯罪者の息子であるがタメ、
最愛の娘を育てるコトも許されないなんて‥。
娘と引き裂かれるワケです。

心は、ひとりぼっちとなってしまいます。
カワイソウなのですが、由紀の両親のイイブンもわかるワケです。
世間では、心の父親は、
人殺しとレッテルをはられているワケですから。

しかも、由紀の両親は、
心との結婚に反対していたワケですから。
ゴモットモの事なのでしょうね。

コレを機に、心は、父親の無実を証明する為に、
タイムスリップするワケです。

そして、父親の無実を証明するコトができれば、
娘とも一緒に暮らせると思ったのでしょう。

しかし、過去をイジクッタために、
現在がソウトウ変わってしまうのデス。

娘の未来は、いないのです‥。
どうしてでしょうか?

由紀との結婚もなかったことに

そうでした。
心は、最愛の妻、由紀との間に子どもを授かりマス。

ところが、出産のトキに由紀は、
妊娠中毒症で死んでしまうのデス。
幸いにも赤ちゃんは、無事生まれてくるコトができました。

しかし‥、
自分の一番の理解者であった由紀を失うコトのツラさは、
わたくしたちには、ハカリ知れないコトでしょう。

こういった出来事もあり
父親の存在を認めようとしたのでしょうか。
最愛の妻、由紀が言っていた「父親は無実だ」
というコトを証明しようと
ようやく重い腰を上げたのかもしれません。

由紀が生きていたなら、
家族3人で幸せに暮らせていたのですから‥。

由紀が出産後亡くなったというコトが、
何より悲劇の始まりだったのデス。

心は、こうも考えていたかもしれません。
過去をイジクッて、
もしかしたら、由紀も死なずにすむかもしれないと‥。

父親の罪もヌレギヌだったと証明できて、
最愛の妻、由紀も死なずにすんだなら、
心にとって、こんな幸せは、ありませんよね?

そうなるコトを誰しもが望みマス。
ハッピーエンドがよろしいですモノ。

ところが、そうもウマクは、話が進みません。
過去から未来へ帰ってきた心は、ガクゼンとします。

ナント!
由紀とは結婚していないのデス
しかも、由紀は、記者となって心に問いかけマス。

由紀は、「音臼小事件」にやはり疑問を持っていたのですね。
今も、昔も‥。

由紀とは、結婚していないワケですから
当然のコトながら、娘の未来は存在いたしません。
こうゆうコトデス。

直接的には、由紀との過去をイジクッタわけではありません。
ですが、どうでしょう?
何が影響したのかわかりませんが
現在が変わってしまってます。

イジクルんじゃ〜なかった‥。
そう思って、悔やんでるコトでしょうね?
でも、コレも自分がしでかした結果デス
ウケイレましょ。

まとめ

もう〜こ〜なったら
あとは野とナレ山とナレ!
そんな感じでしょうか。
良かれと思ったコトが
こんなコトになるなんて‥。

もう‥オレひとりぼっち。
最愛の理解者も失ってしまって。

この先どうすればいいのか。
何をどう変えたらウマクいくのか。
途方に暮れますよね?

ここからが、本当の見どころデスね。
こんな状況から、心は、どうやって立ち直っていくのでしょ?

軌道修正は、ウマクいくのでしょうか?
見どころ満載デスよ。

心と由紀は、一度ハナレてしまいますが、
もしかして運命的にどこかでツナガッテいるかもしれません。
ふたりの愛の行方も楽しみになってきましたよ。
ふたりの愛の深さを知るドラマとなります。

父親と息子の絆もどうなるのでしょう?
コチラも来週の日曜日を楽しみにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA