【テセウスの船】ユースケ(金丸)がうざい!怪しい犯人説浮上!

テセウスの船

心の敵とでもいいましょうか。
心をハナっから犯人扱いしてます。

次から次へと起こる事件。
こんな小さな平和だった村に‥。

自分の手には負えないと感じた駐在所勤務の
心の父親である文吾が連絡したのが、
北海道警察捜査一課の金丸刑事だったのデス。

ユースケ・サンタマリアの役柄

金丸は、仙南署の敏腕刑事デス。
村に突如現れた不審者である心の正体を暴こうと
乱雑な態度で接します。
蛇のような目で睨んだ獲物は絶対に逃さない‥。
そんな感じの刑事デス。
愛想もクソもありゃしません。

でも、心を疑う気持ちは理解できますよね?
未来からやって来た。だなんて‥、それも事件と共に‥。

そりゃ、誰でも心の身の上、素性を知りたがって、
アヤシイと思うのが普通でしょうよ。

刑事ではない、
わたくしでさえ心を疑う気持ちはありますから。

心の父親のように「未来から来た」というコトを
素直に信じて、心を受けいれる方がオカシイデスよね?

本来ならば、金丸刑事の態度は正しいハズです。
でも、ドラマですから‥。

明音チャンが、行方不明になりましたよね?
心が「奇妙な絵」を思い出します。

テセウスの船 不気味な絵
女の子がふたり手をつないで、頭の上には、竹とんぼらしきモノが。
後に、コレは、風速計とわかるのですが。

そして、風速計のある小屋で、明音チャンを発見します。
小屋の中で冷たくなっている明音チャン。
まだかすかに息のある明音を助け出そうとしたとき、
金丸刑事たちがドカドカと乗りこんできます。

心に、「手がかりになった絵を見せろ!」と
乱暴に言い放ちます。

イラストは事件のノートにはさんでしまっている‥。
「ノートは見せられない。」と心は抵抗しマス。
そして、金丸刑事の手を振り払いました。

すかさず「公務執行妨害で逮捕する!」
大げさに痛がりマス。
よくあるパターンです。
テッパンです。

金丸刑事は心を現行犯逮捕をしようとします。
「そんなむちゃな。」
心の父親である文吾が抗議しマス。

こんな強引な刑事が、金丸刑事ナノです。
良くも悪くも「刑事魂」丸出しナノです。

とにかくうざい!犯人?

トニカクウザい!
失礼デスが、本当デス。
まず、顔がウザすぎませんか?

それは、好みの問題でありまして、
ドラマとは、なんの関係もございません。
あしからず‥。

それとは、関係なく
わたくしがイラッとくるシーンがありますので
ご紹介したいと思います。

まずは、金丸刑事のライターのカチャカチャ。
火は、つきませんよ。
でも、何回もカチャカチャするんですよ〜。

何か考えゴトをしているトキですかね?
アレするとナンカひらめくのでしょうか。
ヤメてもらえます?
ライターのカチャカチャ。

アレは、ひとつの癖なんでしょう。
ビンボウゆすりと同じようなモノですな。

コレが、わたくしのウザいと思うトコロなんです。
みなさんは、どう思われますか?

モトモト、わたくし「ユースケ・サンタマリア」
好きくないのかも?

昔、大阪の万博広場で野外ライブがありまして、
若かりし、わたくしくもライブ、見に行っとりました。
その時の司会が「ちわきまゆみ」
みなさんご存知ないかもですね。

もうひとりは、「ユースケ・サンタマリア」
だったのですね。

わたくし初対面でした。
ナンテヤカマシイ!
やたら吠えるヒトなんでしょう?
とチョット引きましたモノ。

そのユースケが今や、俳優デスと!
スゴイ出世ですヨネ〜。

その時の、第一印象がソウトウ悪かったのでしょう。
以後、ユースケを見ると
ウザく感じてしまうのです。
申し訳ナイ‥。

まとめ

そんな金丸刑事デスが、刑事としては仕事をまっとうしています。
心を疑うのもわかります。
早く犯人捕まえたいですからね。

そんな金丸刑事。
犯人説が、浮上しているそうで‥。

みなさんは、どう思われますか?
あ〜ゆう、フテブテシイ態度で、
視聴者のみなさんをイラつかせる人物は、
犯人と見せかけて〜、
実は、違うというパターンではないでしょうか?

第2話が放送されたのですが、
犯人がまったく見えません。
犯人というのは、何の事件に対しての犯人かも
わからなくなってしまってます。

過去から未来へやって来た心。
また未来へと帰ってしまうのでしょうか?

ソレは、いつ?
何をキッカケに過去から未来へとタイムスリップするのでしょう?

村人たちのいる前で突然パッと消えて
タイムスリップするのでしょうか?

今度は、そのタイムスリップする瞬間が
気になってきましたよ〜。

村人たちの目の前で突然パッと消えたとします。
今度は、ソレが事件となってしまいませんか?

未来にタイムスリップした心は、
過去の新聞を見て、
「未来からやってきた 宇宙人消える。」
という見出しをみつけるかもしれません。

‥で、その宇宙人とは心であって
「わあ〜、オレやん!」ってなりませんか?
そして今や心は、有名人。
「過去と未来を自由自在にイキキできる男」
として、モテはやされているのデス。

あか〜ん!
文吾の無実をはらせてない!

自分の仕事忘れてた〜。
敏腕金丸刑事のように、シッカリ仕事をしなくては‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA