【10の秘密】仙台由貴子の10年前の秘密とは何なのか考察してみる

10の秘密 10年前の秘密

どうもこんにちはタイーチです。

ドラマ10の秘密の核心にもなる仙台由貴子と向井理の10年前の秘密とは何なのか、今回はやや早めの段階ですが調べていこうと思います。

仙台由貴子の10年前の秘密

主人公の白河圭太の娘、瞳が誘拐されてしまったことから物語は進みますが、誘拐犯の要求が「仙台由貴子を探せ」だけであることを考えても、確実に由貴子が絡んでいることは間違いありません。

そして犯人からの話から推測する限り、由貴子の過去を知る者の犯行であると見て間違いないようです。

ここからわかることは、すなわち由貴子も誰かに脅されていると考えるのが普通です。ですので由貴子と圭太がひた隠しにする秘密とは何なのでしょうか?

離婚する前の事件

瞳もずっとその秘密を気にしており、その秘密がもとで両親が離婚したと感じているようです。そしてその件を友人の泉崎真衣にも相談していたようです。私の両親も実は離婚しているのですが、確かに離婚の原因は気になります。

ましてやそれが、自分が原因だと知ったときにはなおさら気になります。

由貴子の元カレと名乗る怪しい人物によると、「10年前の秘密を知るものから脅されていた」という証言も有ります。しかしこの情報は、なんとなく怪しい人物である宇都宮竜二(渡部篤郎)からのものなので、100%信用するのは危険ですけどね。

ただ、この話を真実と仮定すると、その秘密は10年前のものであり、それはつまり二人が離婚する前の話なのです。

仙台由貴子が放火した?

10年前の秘密の話になると、なぜか火事が起きている住宅のシーンが写ります。

ということはまさか、由貴子がこの火事に関わっていると見てまず間違いなさそうです。考えられる内容としては放火、そしてその結果としての殺人・・・?

しかし由貴子は弁護士ですし、法律のスペシャリストです。でなくても殺人を犯してはいけないことくらいわかっているはずです。とはいえ、まだ情報がないのでなんとも言えませんけどね。しかもこの火事には圭太も関わっていることがわかっています。

娘(瞳)のために墓場まで持っていく

再度火事のシーンが映った際に、おそらくは離婚前の圭太と由貴子が話しているシーンが映りました。

その際の会話が気になったので文章に起こしておきます。

由貴子「その覚悟、ある?

本気?ほんとに誰にも言わないつもり?」

 

圭太「しょうがないよ、瞳のためだよ。俺だって嫌だよ、隠し事なんて・・・

瞳にはもちろん、他の誰にも知られてはいけない。オレたちのためじゃない、瞳のためだって・・・」

 

由貴子「誰にでも秘密の1つや2つある・・・大事なのは隠し通せるかどうか。

圭太、この秘密、墓場まで持っていく覚悟ある?」

由貴子の単独犯のようにも感じられましたが、このシーンを見る限り圭太も関わっています。

しかもこの部分からわかることは、何かを隠すのは瞳のため。むしろ隠そうとしたのは由貴子ではなく圭太の方。あの火事に関わる秘密であるのならば、それはきっと穏やかではないものです。その秘密の隠蔽が瞳とどう関わっているのかはまだ不明ですが、今後も調査を続けます。

まとめ

ここまでわかることを整理すると、

  1. 圭太と由貴子の秘密はおそらく共有のもの
  2. 隠そうとしたのはむしろ圭太の方
  3. 秘密を隠すのは娘の瞳のため

このとおりとなります。第1話であるということを考えてもさすがに秘密が多すぎますね。

「誰にでも1つは2つ、秘密くらいあるわ」

ということで、あの火事と圭太と由貴子がどう関わっているのか気になりますね。

過去の話は過去の話で重要ですが、今は目の前で起きている誘拐事件の解決が先です。そして瞳の居場所を知る可能性のある翼さんを追う必要がありますね。ですので次は翼さんの正体について調べていこうと思います。

【10の秘密】翼が犯人?正体と娘(瞳)の関係を調べていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA